魔力・魔術

魔力

魔術を発動させるために必要な要素。
魔力を消費(対価に)し、摂理に干渉・改変、自分の望む現象を引き起こす。
魔力の有る・無し、多い・少ない、は個人差があり先天的なものなので努力でどうこうできるものでも無い。
魔力を持たない者は、魔力が無くとも生命活動に支障は無い。
しかし魔力をわずかでも有する者は、枯渇するとその分を補うためにオートで生命力を削り魔力に変換するため、魔力の枯渇は死に直結する。
自然エネルギーでは無いので、自然界には存在しない。(漫画等でよくある魔力溜まりというものももちろん無い)
神から与えられる「天恵」とされている。
生物の精神・魂に属し存在する。使えば減少しその後自然回復する。(精神エネルギーともいえるかもしれない)
無機物への付与も可能。その場合魔術式(魔術の項参照)による固定が必要となる。

魔術

魔力を使い自然の摂理をねじ曲げる術。ちなみに魔法とは魔力の法則を指す。
自然の摂理に干渉する、と言うことは生易しいことでは無く、複雑かつ緻密な設計図を自力で組み上げる必要がある。
魔術とはそのための勉学を治めることができた者のみが行使できる。センゼブルグにはそのための専門の国立学院がある。
つまりいくら魔力が有ろうともバカには魔術は使えないと言うことである。

魔術の発動には術式と呪文と発動キーとなる言霊が必要。
術式は言い換えれば設計図である。呪文によって固定しつつ組み上げるため、呪文は基本的に全てきちんと発音することが求められる。
間違えれば不発や暴発してしまう危険があり、これで命を落とす者もいる。
熟練の魔術師は短縮したり、詠唱破棄、発動キーのみでの魔術の行使が可能だが、その境地に至れる者はほんのわずかである。
これは呪文に頼らずに設計図を組み上げることができるということだ。
魔術の威力は費やす魔力に比例するが、術式次第で効率が変わるので同じ量の魔力であっても使い手次第で威力に差が生じる。

精霊魔術

通常の魔術と違い精霊の力を借りて行使する術。
精霊と契約し、魔力を提供する代わりに望んだ現象を起こしてもらう。
規模は提供する魔力の量に比例するが、精霊との信頼関係も大きく影響する。あと機嫌も。
精霊と契約するために「精霊を見ることができる」ことと「魔力が有る」ことが絶対条件となる。
精霊が見えるかどうかは先天的なもので、その才を持つ者はとても少ないので精霊魔術の使い手はとても少ない。

  • 最終更新:2016-02-15 22:28:54

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード