ドワーフ

ドワーフ 石妖族

成人しても背があまり大きくならず、骨太のがっしりした体型の長命種。

その昔は普通に地上で生活していたらしいが、他種族との土地争いに破れて山岳地帯に追われ、以後洞窟での暮らしに適合していった結果が今の体型だといわれている。

地属性の精霊との親和性が高く、種族として精霊に好かれるという幸運は羨望の的である。これは非常に珍しいことに洞窟で暮らし始めたための後天的なものだと言われる。

地下の鉱物を掘って売ることで生活していたが、今は国に雇われて岩塩の採掘にも従事している。
センゼブルグは長い冬を乗り切るための保存食を作るために塩の需要が大きい。岩塩の他に、短い夏の海岸地域での塩田もドワーフたちが任されている。

  • 最終更新:2016-02-06 22:22:48

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード