キグナス

キグナス・セレス・ロウ・センゼブルグ

種族 人族
地位 センゼブルグ王国王太子 王位継承権第1位(次期国王) 王国軍元帥
色彩 黒髪 緑目
年齢 30代前半

家族構成 父母妹弟弟妹 妻(ノーラ)息子(セリオス)

  • 生い立ち
センゼブルグ国王の長男として生まれ、愛情に包まれ育つ。

15歳~25歳までの旅では冒険者として世界1周して見聞を広めた。
固定メンバーで旅をしており、女性メンバーから好意を向けられたが決して答えることは無かった。
いずれ自らが国を背負うという自覚と覚悟がしっかりとあり、
国に帰れば然るべき身分の女性と結婚しなければならないと分かっていたが、本当は答えたかったのかもしれない。

国に帰る際にメンバーと共に帰国し、サプライズ身分明かしを慣行。メンバーは腰を抜かした。
現在メンバーはバラバラになっているが、親交はある。

帰国後すぐに婚約、婚姻を結び息子を授かる。
妻は国内高位貴族の令嬢。

精力的に政務を行い、次代の王として立つために勉強の日々である。

刀剣類の収集が趣味。

  • 能力
何かに秀でているわけでは無いが、何でも標準以上にこなせる万能型。

  • 性格・思考
穏やかな性格で声を荒らげることはほぼ無い。よっっっっぽどで無い限りブチ切れたりしない。
正論を踏まえた上で人情を加味できるいい人。ほんといい人。そしてどこか支えたくなる。
だが、立場上「国」を最優先できる非常さも併せ持つ、王の器。

それぞれ尖った性格の兄弟の手綱を同時にとることができる貴重な人。
本人無自覚のロイヤルスマイルの威力がエゲツナイ。


  • 最終更新:2016-06-14 22:09:42

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード